就職活動、面接突破の心得を知る

Sponsored Link

就職の筆記試験と面接



就職活動をする上で、
面接はほぼ通らなければならない関門です。

筆記と面接の二本立てであることが多いようです。

毎年定期的に行われている新卒者用の試験では、
筆記や面接などはじめ2次試験3次試験と数回行われることもあります。

通年の新卒者試験は、1回の試験で受ける就職希望者が多いようです。


採用する側の企業も、
有能な人材を見極めるために採用試験の内容に
頭を悩ませているところも多いようです。

筆記試験では一般常識的なことを問う問題が多く、
他にも適性検査のような診断テストをする場合もあります。


面接試験では、
直接企業側から一人一人についてあらゆる方面からチェックが入ります。

数人ずつまとめて受ける場合や、
一人に対して複数の試験官いるケースもあります。

共に採用試験を受ける人を競争相手と考えた場合、
面接の場で自己主張をして差をつけておけるかどうかが重要事項です。

筆記試験を行うことで、基本的な部分をチェックしているといえます。

面接試験では、誰を採用するべきか合格者を選び出す試験です。

合否を決めるのも、面接しだいともいえます。
また、新卒者の採用試験と、中途採用者の採用試験では、
着眼点が異なっているようです。

学校の試験とは違い、面接で働きたいという気持ちをいかにアピールするかで、
採用か不採用かが決まってしまうのが就職試験の特徴です。




♪面接にも合格するためのコツがあります。こちらをご覧ください。↓
⇒ 【文例集付】知らないから落ちる 面接の4点減点法
⇒ 6,000人以上を面接した現役面接官が教える、王道の就職活動!これを知らずにテクニックだけを使っても内定はとれません。『納得の就活のススメ』




↓こちらから、仕事の検索ができます。是非活用してください。↓






キャリアジェットで求人検索



 

Sponsored Link